「売り上げアップ」ユーザーを離さない紹介画像の作り方「副業」

こんにちは、ひなまるです。

同人作品を見る中で時間を掛けて制作したであろう良い作品が
上手くユーザーに内容を説明しきれていない作品がありました。

「せっかく中身がいいのに、非常にもったいない…」
と思ったので、今回記事化しました。

合わせて読むと今回の記事を更に有効に活用できます。

結果からお話をすると、「作品の内容を全て画像で説明する事」です。

ひなまる

なぜ、作品の内容を画像で説明しなければいけないの?

と思う方もいるかもしれません。

それは「サイトに登録される作品(商品)の数が多いからです」

日々、デジ同人は数十作品が新作として登録されています。

その新規登録作品の多さから、FANZAでは現在

  • 0時販売
  • 16時販売

と二回に分けて作品をサイトに発表する状態に
なりました。

その作品数の増加から、ユーザーは購入する作品を検討する時間がより
少なくなって来ています。

そのため、ユーザーが作品を見た時、より少ない時間で作品の内容を
説明する必要性が出てきました。

ぶっちゃけ、紹介画像一枚にその作品の魅力を詰め込まないと
サンプル画像まで見てくれないと思います。

説明欄は見て貰えないと思った方がいい。

作品数が多くなり、ユーザーが購入を検討する時間が
少なくなってきたとお話しました。

ひなまる

じゃあ、どうやって作品をより長く検討して貰うの?

と思う方がいるかもしれません。

FANZA、DLsiteでは、

  • 紹介画像   1枚
  • サンプル画像 9枚

計10枚の画像を登録する事が出来ます。

そのため、「紹介画像1枚、サンプル画像3~4枚」にしていきましょう。

ひなまる

10枚登録できるのになんで4~5枚にするの?

と思った方もいるかもしれません。

その理由は「ユーザーは購入する作品を検討する時間がより
少なくなって来ている」
状態にあります。

画像をフルに使えば、作品をより説明しやすいと思います。

ただ、上記の理由から「より内容を凝縮して、少ない枚数で作品を伝えられる数を検討した結果、この枚数になる」という結果になりました。

更に販売数上位の作品を見ていく中でも、この枚数で制作している作品が多い事がわかりました。

そのような理由から「紹介画像1枚、サンプル画像3~4枚」にしていきましょう

実際に制作してみよう。

まずは、一枚目の紹介画像で「作品の内容を説明しましょう」

具体的には

  • どんなジャンルか?
  • どんな物語か?
  • どんなシーンが含まれているか?

を組み込みましょう。

ひなまる

一枚にここまでの内容を組み込むのがイメージ出来ない…

そう思う方もいるかもしれません。

そんな方は「タイトルを作品の説明にしてしまいましょう」

  • 立ち絵でヒロインの容姿の説明
  • 後ろの背景でどんなシチュがあるか説明
  • タイトルでどんな内容の作品か過程を説明
  • サブタイトルでどんな内容が描かれるか説明

をしていきます。

上記の内容で興味を持ったユーザーに
サンプル画像で

  • 行為に至るまでの過程をかいつまんで説明した分
  • その内容を一枚のサンプル画像に複数のCGを載せる

をしていきます。

イメージとして、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか?」
のようなタイトルが説明口調なラノベの感じをデジ同人の紹介画像に取り入れる感じが有効です。

サンプル画像は出し惜しみしない。

出来るだけ、制作したCGをフルに使いましょう。

ひなまる

でも、サンプル画像でCGの数出しちゃったら、買って貰えなくなるんじゃない?

と思う方もいるかもしれません。

むしろ、画像を絞り過ぎて、ユーザーにどんな内容か説明しきれない方が
「この作品どんなシチュ入ってるか分からないから、他にしよ」と
思われてしまいます。

また、CG集はCGが全てではなく、CGと文字を組み合わせた「シチュエーション」が重視されます。

もし、仮にCG画像をほぼ全て、サンプル画像で公開したとしても、その内容が
ユーザーの性癖に刺されば、購入して貰えます。

実際に9割の画像をサンプルに出した作品を登録していますが、購入して頂いて貰っています。

そのため、「CG画像は出し惜しみしない」ようにしましょう。

まとめ

もしも、この記事を見てる方が「あんまり販売数が伸びない…」と
思っているのでしたら、この内容を検討してみてはどうでしょうか?

今後、サイトのセール販売時期などに作品がユーザーの目に留まる事が
確実にあります。

そんな時、作品の内容を上手く説明できる紹介画像にしておけば、
販売数を底上げすることが出来ます。

今日は、こんな感じで。

youtubeにてCG集制作に役立つ動画を配信しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です