「副業」絵描きが実践できる仕組み作り4選「自動収入」

こんにちは、ひなまるです。

ひなまる

イラストを使って自動的に収入が入ってきたらいいな。

そう思ったことはないでしょうか?

自動的な収入源を伸ばしていけたら、余裕も出来て好きな事が出来る時間を確保する事が出来るはず…!

そんな状況を作るために下記の本などを参考に日々商品を作っています。

created by Rinker
¥1,512 (2019/12/07 04:40:40時点 Amazon調べ-詳細)

主に下記の内容が書かれています。

  • 複数の収入源を作り、安定化
  • これからはどういう商品が売れるのか?
  • 成功し易い商売の条件

見返すことが多く、参考になる部分も多いので読んでみるのも良いかもしれません。

話は逸れましたが、今回は自動的に収入が確保できる方法をオススメ別に5サイト紹介していきます。(★が多いほどオススメです)

デジ同人(FANZA、DLsite)★★★

下記の記事で詳しくお話をしています。

イラストで自動収入を得るには欠かせないサイトになります。

なぜ、欠かせないの?って思う方もいるかもしれません。

FANZA、DLsiteの2サイトには購買欲の高いユーザーが
多く、毎日の人の流れも多いです。

一日当たりの利用数が461万アクセス

新宿の一日の利用者364万人を越える数字です。

そのため、FANZA、DLsiteに商品を出すという事は膨大なPV(閲覧)数の
恩恵を受けることが出来、結果商品が売れる確率が大幅に上げる
事が出来ます。

また、PV数などネットで商品が売れる工程は下記の記事に書いてあります。

これだけの数の人に作品を見て貰える機会を無料で受けることが出来る
デジ同人は商品を販売する点でとても優秀な手段になります。

また、一度出した商品はサイトに残り続け、サイト内のキャンペーンなど
で度々注目を集めジワジワと売れるため、何もしていない時でも継続的な収入を
得ることが出来ます。

まさにネット上に自販機を置くようなものです。

興味がある方は下記の記事を見てみるのも良いかもしれません。

FANZA

DLsite

キンドル★★

アマゾン内の電子書籍販売になります。

こちらでは、個人で本を出版する事が出来るため、デジ同人で作った商品を
こちらに置くことが出来ます。

なぜ、自動収入になるの?っと思う人もいるかもしれません。

デジ同人(FANZA、DLsite)と同じように商品を置いておくだけで、商品が売れれば、自動的に収入を得ることが出来るシステムになります。

アマゾンという5004万人もの方が利用する大きなサイト。
この利用者の方に見て貰える機会があるキンドル出版はFANZAと
同じように膨大なPV数を伸ばすことが出来ます。

ただ、キンドルではビジネス系の方向性の方が販売数が伸びる傾向が
ある事が分かってきたため、デジ同人で売り上げが出た方法などの
ノウハウ本の方が売れやすいです。

キンドル

note★

こちらは文章などを販売できるサイトになります。

こちらのサイトではビジネス寄りの内容を求めているユーザーが
多い傾向になります。

試しに絵を載せてみたのですが、ほぼほぼ見て貰うとこが出来なかったです。

そのため、こちらでもキンドルと同じ様にデジ同人やイラストでの売り上げを
伸ばす方法などのノウハウ本などが売れやすい傾向です。

note

支援サイトCi-en★

DLsiteの姉妹サイト。
クリエイターを支援するパトロンサイトになります。

こちらのサイトではクリエイターが

  • 月の支援額を決める
  • 支援してくれたら、こんな特典などがあるよ

という事を決めて、内容に納得してくれた方が
決められた金額を支援してくれるという内容になっています。

ファンサイトの面が強いのか僕はまだ攻略法を編み出しては
いない状態ですが、支援する事で得する特典を提供する事で
支援者を増やしていけるのでは?と現在考えています。

Ci-en

まとめ

今回説明した5サイトでの活動は商品を作ることが出来れば、
半不労所得として収入を得られる仕組みとなります。

このような場所で商品を作り発表を続ける事で徐々に月の収入を安定化して行けます。

また、以前ご紹介したSUKIMAなどで副収入のような単発の仕事などの依頼を獲得する事で更に伸ばしていけるのではと考えています。

今日はこんな感じで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です