(効率化)絵を素早く仕上げる4つの方法(収入アップにも活かせます)

こんにちは、ひなまるです。

イラストで収入を得るにはどうしても、生産性が必要になってきます。そのため、今回は絵の完成を速める方法についてお話していきます。

ひなまる

描いてるけど、どうしても完成までに時間がかかってしまう…

ひなまる

上手くなるにはいっぱい描けって言われるけど、一枚作るのに時間が掛かってしまう…

そんな方々に向けた記事になります。

■まずはイメージを固めよう。

絵を描き始めたはいいけど、形になるまで時間が掛かる…

・その原因は完成イメージが頭の中に出来ていないことが原因になります。

そのため、紙の上で描いては消し、描いては消しの繰り返しをしてしまい
時間が掛かってしまいます。

・この時間を出来るだけ少なくするには?

まずは、どんなシチュエーションでどんなキャラクターを描くか
始めに決めておきましょう!

シチュエーション&キャラクターを決めておくと
自然とその状況がイメージ出来てきます。

そのため、このポーズでこんな表情にしよう。みたいに
イメージを作りやすくなります。

後はそのイメージに近い資料を集めて進める事で
形になるまでの時間を短縮することが出来ます。



■副窓を活用しよう。

絵を描いていると、細かな部分に目が行き過ぎてしまい、全体のバランスが
歪んでしまい書き直し…

これを未然に防ぐため、副窓機能を使いましょう。

副窓の出し方はこちらです。(ソフトはクリップスタジオになります)

CLIP STUDIO PAINT EX

描画画面の端に全体像が見える状態にして、常に確認できる状態にしておくと
すぐに変化に気が付きやすくなり、書き直しを未然に防ぐことが出来ます。

■時間を決めて描いてみよう

絵を描いていると、細かな部分に手が込んできまい、時間を掛け過ぎてしまう…

もちろん、緻密な絵を描きたい方を否定する気はないのですが、絵の全体を見た時にその部分ははたして時間をかけただけの、完成度に役立ったでしょうか?

時間を決めて描く事により、何が必要で、何が無駄な工程かを気にするように
なるため、必要な部分だけ描画していく癖がついていきます。

その結果、必要な描画が少なくなり時間短縮をする事が出来ます。

参考までに時間を30分と決めてイラストを描いてみました。

工程を飛ばしてみよう

工程を飛ばすって何のことだ?って思う方もいるかもしれません。

絵を描く中で大まかに分けて4つの工程があるかと思います。

ラフ

下書き

線画

着色

この工程の中で、

・ラフが綺麗なら下書き工程を飛ばせる。
・下書きを綺麗にすれば、線画を飛ばせる。
・思い切ってラフの状態から色を置いてみる。

などする事で必要な工程を飛ばす事で完成までの
時間を短縮することが出来ます。

また、素材を利用して工程を飛ばすという方法もあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

絵を早く仕上げることが出来れば
収入アップやモチベを高く保つ事にも繋がります。

描くのが時間かかるんだよな。って方は今回の記事の
内容を実践してみるのも良いかもしれません。

今日はこんな感じで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です