あなたの作品の強みって何?「売れる作品とは何か」

こんにちは、ひなまるです。

プロやフォロワーを抱えた作家が続々と参戦してくるデジ同人
戦国時代。こんな時代にどうやって生き残っていくのかをお話
していきます。

作品の強み考えてますか?

Twitterなどで見られる。まずはフォロワーを増やして知名度を上げていく事が良いだろうという考え、僕もしていました。

この方法は間違ってはいないのですが、なかなか結果に結びつきませんでした。

ビジネスを学んでいく中で集客が一番重要ですが、ここが一番難しいという事を経験しました。

売れている作家さんは作品を出せばファンが買いランキングに乗り更に売れる。
その好循環で更に知名度を上げて次作も売れていく。

このような状態になるのがベストですね!
ですが、知名度のない我々では人気作家の方々と同じように作品を出すだけでは
なかなか結果に繋がらない。

その問題を解決していく戦略は尖った作品独自性が強い作品作りです


世の中さまざまな性癖があります。

足、胸、などの部位や、NTR、おねショタ、などのシチュなど。
いっぱいありますね。

ただ、NTRを作る、ただ、おねショタを作るでは他の方の作品と
差別化が出来ないで埋もれてしまいます。

そこで重要なのは定番性癖+追加要素です!

制服が好きなのでよく作っていますが、追加要素として
スク水の日焼け後の差分を追加で作っています。ぶっちゃけ僕の尖った性癖です。


定番の学生ものでも、日焼け後、しかもスク水の日焼け後を作っている
人はなかなかいません。

この戦略は確実に需要がある要素に独自な追加要素をプラスすることで、
人気作家や広い範囲の作品で拾いきれないコアな性癖をアピールできることで
希少性という価値を作品に付加することです。

更に売り上げを伸ばす要素は次回描いていこうと思います。

今回はここまでで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です